整理する方法となります

特定調停という方法も任意整理による手続きと同じく貸し手への借金の支払いを継続することを前もって決めた借金を整理する方法となります。76-3-97

他の表現でいうなら裁判所における負債の整理といえます。76-14-97

特定調停という方法も任意整理による解決と同じく、破産とは異なりある部分のみの借金のみを整理することになりますので連帯保証人が付く負債額以外について検討する場合や自動車ローンを別として手続きしていく場合などにおいても使うことも可能になりますし、築き上げてきた資産を処分してしまうことは必要とされていないのでマンションなどの自分名義の資産を持っていて放棄したくない状況でも選択肢になる債務整理の手続きです。76-6-97

しかしながら、手順を踏んだ後の返済金額と実際としての手取り額を比較し、ある程度返済が見通せるようならば特定調停による手続きを進めることが可能ですが自己破産と異なり返済義務自体が消滅するというわけではありませんので、元金の合計が大きい場合などは実際問題としてこの方法での選択をするのは困難になるということがいえるでしょう。76-5-97

この特定調停は公の機関が中に入るため司法書士等に関わってもらわなくても立場が弱くなることがないことや解決のための諸費用を低くおさえられるという益はありますが、お金の貸し手からの督促に対して本人が説明しなくてはいけない点に加え裁判所に出頭することになるといった注意が必要な点もあります。76-12-97

それから、任意整理による解決に対して、この方法により解決できないような場合は金利を全部付けた金額で振り込んでいくことが求められるといったことや貸し手に支払っていくお金が任意による整理よりも増えてしまう傾向があるなどといったデメリットもあります。76-2-97

76-11-9776-10-9776-16-9776-17-97

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.2icedesign.com All Rights Reserved.