追い証が発生したり

FXをやる面白さは単一の金融商品ありながら、投資期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」の3種類の中からどの種類を選択するかにより、資本の投下の方策が異なるという点にあると言います。78-6-97

外貨投資の「長期」を詳しく見てみよう。78-16-97

長期投資とは、一年以上の長期投資を基準としているのが普通です。78-10-97

だいたい為替相場で一年も経過した後のレートが円高か、あるいは円安だろうかを予想するということは、多くの場合難題だと思います。78-12-97

ほとんどの場合「そんなにも後々の状況のことは見当もつかない」となるのが一般的です。78-18-97

未知なのに頭を使って推測しようと努力しても、無茶苦茶な行為なのです。78-1-97

そういう訳で他国の貨幣を買ったとして、レートよりも円高に変わったとしてもその損失分は近いうちに円安に戻るだろうという思いで取引に臨むことが大切です。78-14-97

儲けをアグレッシブに目指すばかりでなく、他の儲け言うなればスワップ金利を稼ぐのを、最初の目標ということで出資してみましょう。78-2-97

無論為替の差損に損失がなってしまうことがあります。78-11-97

ですから、こういうケースのような損失があっても影響の少ないよう、レバレッジを少なめで設定する心がけは必要です。78-7-97

FX(外国為替証拠金取引)は、為替差損が一定額以上に更に拡大すると、追い証が発生したり、あるいはストップロスを置く必要があります。

ストップロス(ロスカット)をすることになったら、直ちにトレードを決済する必要があり長期の取引はダメになります。

この手の危険から逃れるにはレバレッジ2?3倍あたりでやり取りするのが安心です。

今度は中期の投資の場合の取引に関してです。

中期では、最大で1?2ヶ月程先を予測しての売り買いを行います。

為替取引の場合は、1ヶ月ほど先のことはだいたいの場合想定できるでしょう。

G7のような国同士の閣議であったり、為替のトレードで取引している人たちがどういう点に関心があるかを調べれば、おおかた、想定できるはずです。

この経済の状態を見る一方、チャートを見ることで為替の変動を理解できるようになり買いか売りかを決定する方がいいと思います。

基本的に経済の状態とテクニカルのどっちも光りもしくはどちらも買い傾向が同様であればだいだい判断した通りに行くと考えて良いでしょう。

そんな時はポジションを増やすことによってより一層大きい利益を得られるはずです。

3つ目に短期トレードの要点。

ここでの短期のトレードが示しているのはすなわちデイトレーディングのことを言っています。

為替市場でデイトレをする時ファンダメンタルズはいっさい影響しないと断言できます。

なぜならばあくる日の為替相場の動きにファンダメンタルズは絡んでいないからです。

ここでの、一番の狙いどころは目を引く行事があることでそれに影響して為替レートが大きく変動するチャンスを逃さないよう取引することです。

たとえば米国で雇用の統計が公表される、ないしは金融政策が行われることによって制作金利が変動するほどの行事。

このように瞬間的な変わり目を見逃してはいけないといった理由から、短期スタンスは多種の要素が必要となる。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.2icedesign.com All Rights Reserved.