コタツの中では偉そうな我が家の猫。

我が家の猫がコタツで範囲を広げて寝てしまうので、どうにも足が伸ばせなく居るのです。はやぶさ脱毛

私が少しでも足を伸ばそうものなら少々唸り声をあげて私に足を退けろと言ってくる態度を見せます。ラフィネ

しかしまあそんなに態度を大きくして私はあなたの飼い主なんですよと言いたくもなりますが、ここは飼い主の大らかさを見せるべくガマンガマンです。ゾンビ漫画 おすすめ

そうは言っても一瞬気が緩んでしまうとコタツにドカッ!と足を突っ込んでしまうので、あっ!忘れてたと気付いても時すでに遅しです。アーセナル

大きな唸り声を上げて再び私の足にケンカを吹っかけているのです。フレキュレル

いったいどんな風に唸っているのか一度覗いて見るとウナウナ言ってるんです。

ちょっとコタツから引っ張り出してみると以外と大人しくなるのを見て、まるで引き篭もりが自宅では偉そうにしている光景にも似ています。

まさに井の中の蛙状態の我が家の猫なのです。

しかし少しくらいはコタツから出てきて一緒に座らないかい?と言い聞かせて私の膝に乗せるのです。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.2icedesign.com All Rights Reserved.