※自己が所有する財産へは

自動車損害保険には任意保険あるいは自賠責保険に代表される2つの分類があるのです。

自賠責保険、任意保険の双方ともにもしものアクシデントに遭った場合の補償に関するものですが、実際の内容はやや違っています。

二つの保険をよく見ると補償が可能なことが一様とはいえません。

※相手に対しては「自賠責保険」「任意保険」の両方で補償されます。

※自分自身に対しては、<任意保険>によって補償できます。

※自己の財産においては、『任意保険』を用いて補償されるようになっています。

自賠責保険それのみでは自分自身への傷害もしくは愛車に向けた支援は受ける権利がありません。

さらに相手に対する補償などのサポートですが自賠責保険ならば死亡した時は最大額で3000万円、後遺症が残ってしまった場合最大額で4,000万といった具合に決まっています。

賠償金がこの値を超えることは結構な頻度で起こり得ることに注意しましょう。

また相手方のマイカー・建物を破損したケースについては害を加えた人の全くの自己賠償になると定められているのです。

そういった負担は個人には荷が重すぎるため任意保険というものが不可欠だといえます。

危害を被った人の援助に重点を置く任意保険にはそれとはまた違った独自の機能が用意されています。

※相手に対しては死亡時あるいは傷害だけでなく、マイカーや建物といった種類の私有財産を賠償してくれるのです。

※自らに対しては、同伴していた人も加えて死亡時もしくは負傷を補償します。

※自己が所有する財産へは、車両を賠償するのです。

こういった数々の面での賠償が行き届いているのが任意保険が持つ最大の強みなのです。

保険の掛金の支出はどうしても必要となってしまうこととは引き換えに事故に巻き込まれた時の相手方のためにも自分を安心させるためにも車に安心して乗りたいのであれば任意保険というものに契約しておきましょう。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.2icedesign.com All Rights Reserved.