偏頭痛の症状と向きあう

私は今まで、自分の頭痛が偏頭痛というものであることを知りませんでした。

子供のころから吐き気を伴う痛みと、目の前に光が溢れるようなまぶしさが時折起こりましたが、病院に行っても家族に言っても、風邪という言葉で片付けられるだけでした。

大人になってからも同じような症状が続き、また別の病院に相談にいったことでようやく偏頭痛というものであることがわかり、今はほっとしています。

ネットから調べてみても似たような症状を抱えている人が大勢いて、ようやく人心地つくことができました。

偏頭痛の治療法は、一般的に頭痛薬を服用するようなものだけで根本的な予防法はまだわかってはいないのですが、それでも私にとっては大きな進歩でした。

偏頭痛が起きやすいとき、なりやすい人の特徴などもわかりましたし、これからは改善する方法も見つけていけそうな気がします。

まずは体質を変えることから始めていきたいですね。

そうして長年の頭痛とおさらばしたいと思います。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.2icedesign.com All Rights Reserved.