www.2icedesign.com

現実にノートパソコンの画面の前に座って止まることなく上下している相場を見てしまうとすぐにエントリーをするという欲求が生じる事も多かったりします。だが、不明瞭な勘で取引するのだけは、決してしてはいけません。事実、市場は1日中どういう時でもどこかの国の外国為替相場は開かれているし、レートもどういう時でも上がったり下がったりします。しかし、何度もエントリーをするとそれだけ損をする危険が上がります。言うまでもなく、売買の回数を積む事でだんだんと勝ち負けの可能性が五分五分になるのは事実です。しかしその事実は「なんとなく直感で注文」することとは別の話です。取引回数を積むという意味は、自分で「ここで勝負」と考え付いた自信を得たケースでのエントリー回数を重ねるという意味です。格段の理由がなく、次々とトレードを積み重ねるのとは明確に違う。マーケットの駆け引きに負けないためには、己で意識的にメリハリをつけることこそが必要です。「ここは勝てる」とよく考えた相場の時には、迷わず所持ポジションを多くして、集中して儲けを追求する。「少し分からない外国為替相場でどう動くのか予想できないな」と思案した時は、諦めて所有ポジションを見切りをつけて何もしない。そのくらいの緩急をつけた方が結果的にはエントリーはうまくいくものだ。外国為替相場の名言には「休むも相場」というものがある。本当にその通り。取引とは、いつでも売買ポジションを所持する事が全部ではなくどの売買ポジションも所持せずじっと待っている事も事態によっては必要です。それでは、どういう時に、休むべきなのでしょうか。最初に言われるのが前述の通り、直近の為替相場が今ひとつ判断できない時です。これからどちらにいくのかわからないような時は思いつきで行動すると、自ら考えたシナリオとは反対の方向にマーケットが推移してしまい損失を被ることになる。そのため、そうした状況ではポジションを減らして何もせずに黙ってみているだけが最良の選択です。次に、自分の体の状態がすぐれない時。体調と相場に影響ないと感じる方もいますが現実には思いのほか影響します。コンディションが思わしくなければ、外国為替相場の肝心な局面で、落ち着いた決断を下すことが出来ない場合が多くなります。気分が進まない時は、外国為替相場から距離を置くことも大事なことだ。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.2icedesign.com All Rights Reserved.