www.2icedesign.com

目周辺に使用する化粧品の一つであるマスカラは目的によって使い分ける事が大切です。 まつげパーマを使用している上向きタイプのまつげには長さを出すマスカラを使用する事によって、まぶたのたるんでいる部分を隠す事が出来ます。 カールタイプのマスカラはまぶたの軽さを演出する事が出来ます。 マスカラ下地はまつげの重さに影響を与える為、少量から使用する事がポイントです。 又、アイシャドウやアイライナーも目的によって使い分けます。 例えばパウダータイプはグラデーションを出す事によって立体感を演出します。 基本的に同系色を数色使い、まぶたは暗めに目頭は明るめそして目尻は暗めのカラーを使用する事が望ましいです。 パール系のきらめきを利用する事によって光の効果を期待する事が出来ます。 初めてアイライナーを使用する際にはパウダーを付着させた綿棒をまぶたの際から徐々につける方が無難です。 力強い目を印象づける事が出来ます。 マスカラやアイシャドウ、アイライナーは目周辺をカバーする事が出来ます。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.2icedesign.com All Rights Reserved.